MENU

パパ活でストレスを感じる瞬間や対処方法を紹介

パパ活でストレスを感じる瞬間や対処方法を紹介

パパ活をしたい方の中には「パパ活をやめた人やストレスを感じた人」に対して興味を抱くこともあるかもしれません。

条件面が合致した男性からお手当をもらい、共に時間を過ごすパパ活。

しかし、いくら一致していても疲れを覚える事もあるものです。

ここでパパ活とストレスに関する次の情報を詳しく紹介していきます。

  • どんなことでストレスを感じるのか
  • つらいと感じる出来事
  • ストレスを感じたときの対処法
  • 後悔したこと
  • ストレスの原因別の体験談
  • ストレスを感じずに活動を続けるコツ

これからパパ活を始めたいという方はもちろん、パパ活つかれを感じた方にも役立つ情報満載です。

目次

パパ活ではどんなことでストレスを感じるの?

パパ活ではどんなことでストレスを感じるの?

お手当を出す事で、女性に対して癒しや楽しい時間を求める男性。

そして、男性の希望に添う事でお手当を受け取る女性。

こうした男女が築く関係を「パパ活」と言います。

一見すると、それぞれの条件が合致しているため、ストレスフリーの関係が築けるように思えるものです。

しかし、実際はやはりストレスを感じる女性も少なくありません。

ここでは、パパ活ではどんなことでストレスを感じるのかについて、身体的・精神的それぞれの視点からご紹介します。

パパ活の身体的ストレスとは?

パパ活経験者の中には「身体的ストレス」を感じたという方もいます。

例えば、「大人あり(身体的関係を持つ)」の場合、パパ活男性のプレイ内容が雑であったり、プレイそのものに痛みや苦痛を伴う事もあるのです。

パパ活の身体的ストレスとは?

「身体的なストレスを感じながらもなぜ我慢をするのか?」と疑問に感じる方もいるかもしれません。

一般的な男女関係の場合、お互いが気持ち良いエッチをする事は大前提です。

しかし、パパ活の場合は「対価と引き換えの関係性」ですから、女性側からすると、お手当を受け取っている以上は嫌だ・不快だと言い出しにくい環境とも考えられます。

また、パパ活男性の性欲が盛んで「会うたびにエッチを求められる」という場合もあるのです。

疲れていても、その気持ちに従わざるを得ないため、どうしても身体的なストレスにつながってしまいます。

パパ活の精神的ストレスとは?

パパ活経験者の女性は「精神的ストレス」を感じる方も少なくありません。

身体的なストレスよりも抱きやすいストレスでもあります。

パパ活の精神的ストレスとは?

パパ活シーンで感じるストレスは様々です。

  • パパ活が思うように進展しない
  • 男性とのやり取りがうまくいかない
  • 活動に対する不安感

など、実際に関係を築く前段階でもストレスを感じる事もあります。

また、パパとの関係の中で、性格の不一致を強く感じたり、求められる女性像になる事に対して「疲れた」と思う女性も多いのです。

1つ1つを見れば、小さなものでも、悩みが積み重ねれば大きな負担となるもの。

身体でいう「蓄積疲労」のようなものが心の中でも起こってしまうのです。

パパ活経験者がつらいと感じるパパ活での出来事

パパ活経験者がつらいと感じるパパ活での出来事

パパ活は、アルバイトと比較をすると効率的に対価を得られる方法の1つ。

隙間時間でパパ探しができる方法も増え、パパ活をしてみたいという女性も少なくありません。

しかし、パパ活は良い事ばかりではないのです。

身体的・精神的なストレスを抱えてしまうケースもあります。

実際にパパ活を行った経験がある女性の中には、良いお相手と出会えない・継続的な関係を築けない・コミュニケーションに疲れた・身体的な関係を求められるなど、ストレスを感じているのです。

ここでは、パパ活経験者がつらいと感じるパパ活での出来事を上記の4つを中心に詳しくご紹介します。

パパ活を始めたい方はもちろん、「リアルの声」を参考にしたい方にも役立つ情報です。

プロフィールを頑張って作成してもパパと出会えずつらい

パパ活を行う第一歩が「パパ探し」です。

パパ探しの方法はたくさんありますが、隙間時間を活用できる・いつでもどこでもアクセスができるという点から「サイトやアプリ」を利用して活動をするケースが増えています。

サイトやアプリで活動をする際、第一印象を決めるのがプロフィールです。

このため、丁寧で読みやすいプロフィール作成を心掛けたり、男性受けの良いプロフィール写真を登録する女性が大半。

しかし、どんなに頑張っても良いパパと出会えない方もいます。

  • いいねが来ない
  • メッセージが増えない
  • 足跡がつかない

など、パパ活男性からの反響が少ないと残念に感じるはず。

登録してある程度の期間が経過しているにも関わらず、こうした状況が続けば「つらい」と思っても不思議はありません。

パパ活で出会っても関係が長続きしない

男性からアプローチを受け、やり取りを重ねた後に「顔合わせ」という形で実際に会う事となります。

未経験者の方の中には「一度でも会えば関係が続くのでは」と思う方もいるかもしれません。

しかし、素敵な男性だと思っていても、2回目以降に続かないケースも意外と多いものなのです。

パパ活を行う上で、複数名の男性とやり取りをする事が大半。

これは、男性も同様です。

複数の女性とやり取りを続けた結果、違う女性と関係を築く男性もいます。

実際に、たくさんの女性と接点を持ちたいと考える男性も多いのです。

他の女性よりも魅力があふれていないと、引き寄せ続けるのは至難の業。

これが、つらいと感じる瞬間につながります。

パパからのLINEが頻繁過ぎて疲れた

パパ活と言っても、関係性やコミュニケーションの取り方は人それぞれです。

パパ活男性の中には「こまめにメッセージのやり取りをしたい」と考える方もいます。

女性はそんな男性に対してマメに返信を送る事となるのです。

この程度であれば良いのですが、こまめにメッセージを送る男性は「ガチ恋」をしてしまったケースも多くあります。

パパ活という割り切った関係ではなく、恋愛感情を抱いてしまうのです。

女性側からすれば、「自分にはまってくれる」とも言えるため、お手当アップの可能性もあります。

しかし、束縛心あふれるメッセージが頻繁に続くようですと、疲れを感じる要因につながってしまうのです。

疲れが溜まってしまうと、LINEの通知を見ただけでストレスを受ける女性もいます。

体ありの関係ばかりを求められてつらい

パパ活男性は、癒しや楽しさ・非日常的な時間を過ごしたいなどを希望する方もいます。

しかし、中には「身体あり」の関係を求めるパパも少なくありません。

実際に、パパ活男性の90%以上のパパが身体の関係を求めていると言われているのです。

女性側が身体なしを望んでいる場合、せっかくマッチングをしても身体ありばかりを求める男性ばかりが続いてしまうと疲れを感じてしまいます。

もし、「大人はありですか?」と聞かれてばかりと想像すると分かりやすいかもしれません。

  • 嫌悪感
  • パパ活が嫌いになる
  • 男性不信

のような心理状況に陥ってしまう女性もいるのです。

プロフィールや男性とのメッセージの中でいくら「食事やデートのみにしたい」と訴えても、良いお相手が見つからない事もあります。

パパ活でストレスを感じたときの対処法

パパ活でストレスを感じたときの対処法

パパ活では、出会いのきっかけ作りの段階からパパとの関係性に至るまで、ストレスを感じる事も少なくありません。

どうしても苦しいのであれば、無理をして活動を続ける必要はないものの、それでも「お手当を稼ぎたい」という気持ちを持っている方もいるはず。

もし、パパ活で稼ぎたいのであれば、ストレスと上手に付き合っていくことが成功の秘訣です。

ここでは、パパ活でストレスを感じたときの対処法を5つご紹介します。

ストレスをすでに感じている方はもちろん、これからパパ活をする方も参考にして下さい。

パパ活そのものと距離を置く

「パパ活そのものと距離を置く」のが対処法の1つです。

決してパパ活を辞めるのではありません。

ストレスを感じた段階で「いったん活動をお休みする」のも方法の1つと覚えておきましょう。

パパ活は無理に継続をする必要はありません。

自分自身のタイミングでお休みをしたり活動を再開できるのが良い点です。

活動から少し離れて、自由な時間を過ごしているうちに、自然と心と身体の準備も整ってくるもの。

その段階で再びスタートをして下さい。

サイトやアプリにアクセスをする事がルーティーン化している方にとっては、パパ活から距離を置く事そのものに不安を感じる方もいるかもしれません。

しかし、実際にお休みをして英気を養い、活動を再開した後に良いお相手と出会えたという方もいるので、安心して下さい。

パパ探しがつらい時は検索やアプローチを控える

パパ探しがつらい時には、検索やアプローチを控えるのも方法の1つです。

  • プロフィールを工夫する
  • 検索機能を活用してパパ探しをしている
  • マメにログインをする

など、良いパパと出会うために様々な努力を重ねている女性も多いはず。

頑張るほどに、パパと出会えない状況が続くとつらさを感じてしまいます。

もし、つらいと感じるようであれば、活動ペースをおさえるのがおすすめです。

義務的なログインを控えたり、検索そのものを少しお休みするなどが具体的な内容。

自分自身から積極的にアプローチをしないと、出会いのチャンスはやはり少なくなってしまいます。

しかし、男性からのアプローチを誘引するようなやり方もありますので、違う形で活動を続けるのも良い方法です。

ストレスを感じるパパは潔く関係を断つ

ストレスを感じるパパは潔く関係を断ちましょう。

  • お手当が良いから
  • せっかく出会えたから
  • 次のパパが見つかるか分からないから

など、ストレスを感じながらも関係を続ける女性もいるかもしれません。

しかし、これは「良いパパ活」とは言えない方法です。

やり取りをしたり会う上でストレスを感じるパパであれば、きっぱりと関係を断つのもおすすめ。

  • 会うだけでストレスを感じる
  • 話を聞くのもつらい
  • パパから連絡が来るだけで苦しくなる

などの際には、素直に自分自身の気持ちを受け入れて下さい。

身体と心の反応に背かずに、男性と距離を置くのが良いでしょう。

パパ活を希望する男性はたくさんいます。

ですから、1人のパパとの関係が切れてしまっても、また新しい縁が生まれるはずです。

ストレス発散を目的にリラクゼーションを利用する

ストレス発散を目的にリラクゼーションを利用するのも良い方法です。

ストレスを溜めたままにしておく事は、身心に悪い影響しかありません。

ストレスを感じたら「発散」させるようにしましょう。

特におすすめなのが「リラクセーション」です。

心身ともにリラックスする事によって、ストレスも軽くなるはず。

  • 脱毛サロン
  • エステサロン
  • 温泉施設

などに足を運んで、自分磨きをしたり身体と心にご褒美をあげる事も大切です。

どんな事柄でも、「メンテナンス」は必要。

これは、パパ活でも同様です。

疲れを感じたタイミングでも良いですし、月に1回などと決めて、定期的にリフレッシュの機会を取り入れるよう心掛けて下さい。

つらい時は信頼できる人にパパ活の愚痴を話す

つらい時には信頼できる人にパパ活の愚痴を話しましょう。

この方法は、最も簡単でスピーディーな対処方法になります。

大切なのは「信頼できる人」という点です。

パパ活というある意味、特殊な関係内でのストレスを話すのですから、心許せる相手である必要があります。

できれば、つらさやストレスを「共有」できるお相手がおすすめ。

周りにパパ活をしている友人知人がいれば話してみて下さい。

また、絶対的な信頼があると確信できるお相手でも構いません。

日常生活の人間関係の中で話ができるお相手がいないという方もいるはず。

そうした方は、インターネット上で愚痴をこぼすのも1つの方法。

この時、不特定多数の人の目に触れないよう心掛ける必要があります。

パパ活をやり始めて後悔した5つのこと

パパ活をやり始めて後悔した5つのこと

条件が合致する男性と関係を築き対価を得るパパ活。

効率的で、しっかり稼ぎたいと考えている女性もたくさんいます。

しかし、パパ活をやり始めて「こんなはずではなかった」と後悔をする事もあるものです。

実際に活動をした方だからこそ分かる点も少なくありません。

ここでは、パパ活をやり始めて後悔した5つのことをご紹介します。

経験者の声を知る事で、どのようなリスクがあるのかや自分自身への影響についてなどが分かります。

パパ活をしてみたい方にも参考になる情報となっていますので、チェックして下さい。

パパ活ではリスク見合った稼ぎがなかった

1つ目は「パパ活ではリスクに見合った稼ぎがなかった」という声です。

一般的なイメージとして「パパ活は稼げる」というものがあります。

確かに、アルバイトなどと比較をすると稼げる可能性も高いのですが、大した稼ぎにならなかったという女性もいるのです。

中には、パパ活で稼ぐ事を前提として、以下のような点を変える方もいます。

  • 仕事
  • 良いパパと出会うための自己投資
  • パパ活がしやすい生活環境を整える

などです。

こうして大きく環境を変えたにもかかわらず、期待外れの成果だった・パパとの関係が続かなかったなどという結果ですと、後悔をしてしまう可能性もあります。

「何かを変化させる事」は、それが良い事であっても人の心にはストレスとなってしまうのです。

そんなリスクをおかしても稼げないとなると、「パパ活なんてしなければ良かった」と思っても不思議はありません。

普段の仕事に対するモチベーションに悪影響が出た

2つ目は「普段の仕事に対するモチベーションに悪影響が出た」というケースです。

噂通りにパパ活をして稼げたと感じる女性もいます。

中には、想像以上だったという事もあるのです。

パパ活そのものは大成功とも言えますが、普段の安定した仕事よりも圧倒的に「割の良いもの」になります。

その結果、仕事に対するモチベーションに悪影響が出てしまうのです。

  • 頑張ってもお給料が増えない
  • 成果を認めてもらえない
  • 仕事をする価値や意義が見出せない

などと感じる方も少なくありません。

現状、パパ活でじゅうぶんな稼ぎがあってもそれは不安定なもの。

ですから、安定して対価が得られる「普段の仕事」は大切にする必要があります。

頭では分かりつつも、モチベーションに悪影響が出てしまい、パパ活を後悔してしまうのです。

パパ活が友人や家族にバレしそうになった

3つ目は「パパ活が友人や家族にバレしそうになった」です。

「パパ活を周りの方々に伏せている」というパパ活女性が大半。

しかし、意図せずにパパ活をしている事がバレてしまう可能性もあります。

  • デート中に友人と遭遇してしまった
  • 職場の人に見られてしまった
  • 家族にパパとのやり取りを発見されてしまった

などのリスクも活動には潜んでいるのです。

友人や職場の人の中には、「パパ活をしているのかな」と勘付かれても、直接的に質問をさせる事は多くありません。

しかし、噂される事も考えられます。

その結果、肩身が狭い思いをしたり、疑心暗鬼な気持ちを抱えストレスを感じてしまうのです。

パパ活が日常生活に支障をきたす事となってしまい、パパ活をしなければ良かったと後悔をしてしまいます。

男性に対して嫌悪感を抱くようになった

4つ目は「男性に対して嫌悪感を抱くようになった」です。

パパ活男性すべてが「良いパパ」となってくれるわけではありません。

残念ですが、パパの中には間の悪い人もいます。

  • 下ネタを言って女性の嫌がる反応を楽しむ
  • 支配的な言動が多い
  • 蔑むような態度をとる

など、不快感を与えられた経験を持つ女性も少なくありません。

「パパ活を辞めれば解決するのでは?」と思う方もいるはず。

パパとの関係内でのストレスは確かに消えます。

しかし、パパ活男性ばかりではなく「世の中の男性」に対しても、同じ目で見てしまうようになるのです。

その結果、男性に対して「みんな同じ考えを持っている」などと、嫌悪感を抱くようになってしまう方もいます。

パパのリクエストに対応するが疲れた

5つ目は「パパのリクエストに対応するのが疲れた」です。

パパ活をする女性は「少しでも良いお手当で活動をしたい」と考えている方が大半です。

実際に、パパ活男性の希望にどれだけ寄り添えるかがお手当にも直結します。

しかし、自分自身のキャパシティーを超える期待に対しても無理に応え続けてしまうと、精神的に消耗してしまうのです。

「こういう女性でないといけない」という強迫観念のような気持を抱く方もいるでしょう。

精神的に消耗する事が続いてしまうと、やがて「パパ活疲れ」に陥ってしまいます。

  • こんな気持ちになるならパパ活をしなければ良かった
  • 疲労が生活に影響してしまった
  • 自分自身を見失ってしまった

などという方もいるのです。

パパ活経験者のストレスの原因別に調査

パパ活経験者のストレスの原因別に調査

結婚・出産など、周りから見ると「幸せな出来事」であっても、こうした環境の変化は人の心にストレスを与えると心理学では言われています。

割り切った関係ともいえる「パパ活」であっても、やはりストレスは生まれるものです。

パパ活経験者は、人間関係・達成感・活動そのものなどにストレスを感じたという方も少なくありません。

ここでは、上記の3つを中心に、パパ活経験者のストレスの原因別の体験談をご紹介します。

具体的なストレス内容はもちろん、疲れないためのポイントも確認していきますので、活動時の参考にして下さい。

人間関係に疲れた人のケース

パパ活では、男性とのメッセージのやり取りに疲れる女性もたくさんいます。

都度パパの場合、月パパと比較をするとお手当などが不安定なため、複数人のパパと関係を持っている方も多いのです。

こうした方は特に、パパ1人1人とコミュニケーションを取る必要があるため、面倒に感じてしまいます。

  • パパごとに合った女性を心掛ける
  • 1人1人スケジュールを管理する
  • 全員に対してマメにメッセージ返信をする

など、手間と時間がかかるのです。

気が付けば、「自由時間」がほとんど無いという方も少なくありません。

コミュニケーションややり取りに疲れを感じたら、自分自身に合ったパパの人数を決める事が大切です。

平均は2人~5人とも言われていますが、これに限りません。

ポイントは「無理のない範囲を考える事」です。

  • 余裕をもってコミュニケーションが取れる
  • メッセージを面倒に感じない
  • 日程調整に頭を悩まさないで済む

などが目安の1つ。

パパ活中心の生活にならないよう心掛けて下さい。

パパ活で達成感を感じられなくなった人のケース

これからパパ活を始めたい方は特に「お手当をじゅうぶんに受け取れたら幸福度がさらに上がる」と思うはず。

しかし、パパ活経験者の中には「お手当をもらっても幸福感が感じられなくなった」という方もいるのです。

お手当目当てで始める事が多いパパ活。

最初は「これだけの対価がもらえた」と嬉しい気持ちになります。

パパとの関係やパパ活そのものに慣れていくと、いつしか金銭感覚が鈍ってしまうのです。

その結果、お金の価値に意味を見出せなくなるケースもあります。

  • 自分自身の中で達成感が消えてしまった
  • お手当に対する満足感が薄れていく
  • 以前よりもお金の価値が小さくなった

などと感じるケースも多いのです。

達成感を感じられなくなった際には「パパ活前」に戻すのが良い方法。

とはいえ、一度たくさんのお手当をもらってしまうと、パパ活前に戻す事そのものがストレスに感じる場合もあります。

進んでも満足感が得られず、後戻りもできないといった苦しい状況に陥ってしまうのです。

パパ活そのものが自分の性格と合っていない人のケース

効率良く稼げるから・空いた時間でお手当がもらえるからと気軽にパパ活を始める女性も少なくありません。

しかし、中にはパパ活そのものが自分の性格と合っていないと感じる事もあるのです。

パパ活は、見知らぬ男性とやり取りをするところから始まります。

  • 顔の見えない男性とのやり取りが苦手
  • 恋愛関係や友人関係にない男性とデートをするのが合っていなかった
  • 割り切った関係を築けるタイプではなかった

などと、パパ活を始めて気が付く女性も多いのです。

また、「お手当をもらうのだから」と割り切ったとしても、身元の分からない男性と2人きりで過ごす時間が耐え切れなかったり、パパにとってベストな女性で居続ける事が苦しくなるなど大きなストレスにつながる事もあります。

こうした疲れを感じてしまうと、パパ活そのものを辞める要因にもなるのです。

「この範囲であればストレスなく活動ができる」という、自分自身の許容範囲を把握したうえで活動をする事がキーポイント。

お手当中心で考えるのはおすすめできません。

パパ活でストレスを感じずに活動を続けるコツ

パパ活でストレスを感じずに活動を続けるコツ

パパ活を成功させ、継続的に良い関係を築いている女性には「コツ」があります。

それは、ストレスを感じずに活動をする事です。

とはいえ、前述にもあるように、パパ活にはストレスがつきもの。

成功させている女性は、ストレス無い環境づくりや対応を心掛けています。

ここでは、パパ活でストレスを感じずに活動を続けるコツを3つご紹介。

パパ活経験者がどのようにバランスをとって活動しているのかを参考にする事で、よりスムーズで快適なパパ活につながるはず。

少しでもストレスフリーなパパ活をするためにも参考にして下さい。

自分の好きな事を叶えてくれるパパを見つける

1つ目は「自分の好きな事を叶えてくれるパパを見つける」事です。

自分の好きな事を叶えてくれるパパを見つける

パパ活での主役は「男性」にあります。

このため、条件面のすり合わせなどを行う際や、デートをする時には「パパの要求に応え続ける」という女性も少なくありません。

しかし、パパの要求ばかりを受け入れ続けるのは大きなストレスになってしまいます。

主役はあくまで男性ではありますが、「自分自身もまた主役の1人」と考えるようにして下さい。

  • やって欲しい事
  • 行ってみたい場所
  • デートをするペース

など、要望を盛り込むのがおすすめです。

自分自身の希望ばかりを押し付けるのではなく、やり取りの中で自然な形で申し出るのがポイント。

ミスマッチを防ぐために、プロフィールに書いておくのも良い方法です。

顔合わせ前に男性を仕分けする

2つ目は「顔合わせ前に男性を仕分けする」事です。

顔合わせ前に男性を仕分けする

複数名の男性とやり取りをして「最も良いと思える男性」を選ぶ作業は大切です。

中には、まず会ってみてから判断をするという方もいるでしょう。

しかし、こうした行動が大きなストレスにつながりかねません。

  • 下ネタが多い
  • 言葉遣いが乱暴
  • 恋愛感情をもつ可能性がある

など、メッセージを介して感じた印象を基本に男性を仕分けをするのがおすすめです。

仕分けをした上で選んだ男性と顔合わせをしましょう。

仕分けをする事は、トラブルやリスクを回避するためにも良い方法。

素敵なパパと出会う事はもちろんですが、自分自身の安全性やストレスがかからない環境を作る事が重要です。

つらいと感じたらすぐに辞める

3つ目は「つらいと感じたらすぐに辞める」ことです。

どんな事柄に対しても「つらい」と感じる瞬間はあるもの。

つらいと感じたらすぐに辞める

パパ活をしていく上で、ストレスを抱く場合もあるでしょう。

しかし、ストレスを感じながらも活動を売ると精神的な苦痛が大きくなってしまいます。

また、健康面にも悪影響が出てくる可能性もあるのです。

絶対にパパ活をしなくてはらならないわけではありません。

もし、つらいと感じたらきっぱりと「パパ活に向いていない」と割り切って、辞める事も考慮して活動をするのがおすすめです。

「辞める選択肢もある」と頭の中に置いておくと、活動に対するストレスも少なくなりますし、義務的なパパ活になりません。

『パパ活のストレス』に関するまとめ

『パパ活のストレス』に関するまとめ

割り切った関係でお手当がもらえるパパ活。

一見すると「良いところのみ」に感じますが、身体的・精神的にストレスを感じる事もあるものです。

パパ活経験者がつらいと思う瞬間や後悔した点やストレスの原因を参考にし、対処法を取り入れて、自分自身にとって快適なパパ活環境を整えて下さい。

また、ストレスを感じる事なく活動をしている経験者が実践しているコツを把握しておけば、「理想のパパ活」につながりやすくなります。

パパ活は絶対に必要な活動だと思い詰めずに、自分自身のペースで行いましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次